原状回復工事を賢く乗り切るために


賃貸物件に住んだ事のある方は今までどの位敷金は戻ってきたでしょうか。
その金額を思い出すと「もっと戻ってきても良かったんじゃないか」と思う事はありませんか。

今回のテーマは「原状回復工事を賢く乗り切るガイドライン」です。

  • 家具の設置による床のへこみや椅子による床への傷やへこみ等の補修費用の負担は誰がするのでしょうか?
  • 原状回復義務とはどういう意味なのでしょうか?
  • 原状回復費用の負担額は入居年数により変わる?
  • というような内容でご紹介していきます。

    最近はインターネットの普及もあり入居者側でも原状回復について調べる事が出来ます。
    大家さん側は今まで通りにしているつもりでもトラブルになるケースがあります。
    入居者側も少しでも敷金を返還して欲しい、という事があるようです。

    トラブルになるのを防ぐ為に、入居時に家のどこにキズや汚れが既にあるのか等を入居者と一緒に確認したり、入居者に印を付けてもらうような不動産会社も出てきているようです。

    プロにお任せ!原状回復工事業者をお探しですか?

    原状回復工事なら【スッキリ計画!】
    原状回復工事なら【スッキリ計画!】原状回復工事は避けては通れないものです。
    新しい入居者を迎える準備ですから大事な工事です。
    【スッキリ計画】は大規模・小規模問わずに無料で見積もりを出してくれます。
    原状回復工事だけではなく、不用品回収や産業廃棄物処理までトータルにお願いできます。

    原状回復工事ガイドライン

    原状回復工事で払い過ぎてしまった!という事の内容に基礎知識を学びましょう。

    新着情報

    コメントは停止中です。